読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜で家畜な日々に祝福を

ブラック企業での悲惨な日々を中心に記事を書いていきます。

アットホームな会社で地獄を見た その12 最後の日

みなさん、社畜してますか?

高い傘を買ったその日にパクられたアカバネです。

 

傘取った犯人、今ならデスノートに名前を書くだけで許してやるので

名乗り出るように!!

 

f:id:akabane1234:20170511225507j:plain


www.akabane1234.xyz

 

前回の続きになります。

 

ベルセルクと化してからのアカバネの売り上げは、100万を下回ることなく、毎月20万~30万を安定して稼げるようになり、アコOにも借りずに生活できるようになりました。

 

ただO社がまともな会社ではない事、長く続けるには向かない会社である事は、この当時のアカバネもひしひしと感じていました。

 

しかし給料が安定した事と、会社の拘束時間も長い事から、だんだんと思考が麻痺し、何も考えられなくなり、ただ仕事をこなすだけのマシーンに、アカバネはなっていきます。

 

朝8時~夜22時まで拘束されると 

仕事 寝る 仕事 寝る 仕事 寝る 仕事 寝る

このサイクルになります。

 

f:id:akabane1234:20170514003935j:plain

 

そうなってしまったのは、アカバネだけではありません、O社の社員全てがTOP3人(会長、社長、専務)の操り人形でした。

 

そんなある日、事件が起きます。

 

アカバネより3ヶ月先輩のTさんが、取引先のビルから飛び降りたのです。

 

即死でした。

、、、

、、

Tさんはアカバネより2歳上の25歳で、とても優しい性格の方でした。

 

会社の飲み会で、席が隣になった事があり、その時O社のブラックな社風になじめず、ずっと悩んでいると相談された事があります。

 

その当時のアカバネは、日々の生活と借金返済の事で頭が一杯で、Tさんの悩みを親身に聞いてあげる事ができませんでした。

 

その事を10年以上たった今でも後悔してます。

 

f:id:akabane1234:20170510220802j:plain

 

Tさんの葬式には、会長、社長、専務と社員10名ほどが出席し、皆で焼香を上げました。

 

式の間中ずっとTさんのお母さんが、Tさんの名前を呼びながら泣いていました、アカバネも涙が止まらなくなり、こんなに胸が苦しい式は初めてでした。

 

式が終わり、TOP3人の運転手だったアカバネは、3人を乗せ会社に向けて走り出しました、暫く車を走らせていると、突然社長のHが「どうせ死ぬなら、休みの日に死ねや、取引先で飛び降りるとか、損害賠償請求したいわ」と笑いながら言い出しました。

 

f:id:akabane1234:20170514065328j:plain

 

それに伴い会長と専務もTさんの事を笑いながらボロクソに言い出しました、このときアカバネはゾッとしました、この人達には人の心がないんだなと思いました。

 

そして堪らず「式の当日にそういう事を言うのは、不謹慎ではないですか」と声を荒げてしまいました、暫し間があってH社長がドスの聞いた声で「なんやアカバネ、ワイに文句あるんか?ぶっ殺すぞ」と言うと「車を止めろ」と言われました。

 

車を道路の邪魔にならない所に停めた所で、「お前ここで降りろ、そしてクビ」と告げられました。

 

「待ってください、クビになるような事は何もしてません」と反論したところ、脇腹を思いっきり蹴られて「ワシにたてついたらクビにきまっとるやろ、降りろや、殺すぞ」と言われ、環八の何処か分からない所で降ろされ「明日からもう来んでいい、これ退職金」と言われ財布から乱雑に取り出した3万円をアカバネに投げ付け、そのまま走り去っていきました。

 

f:id:akabane1234:20170514005046j:plain

 

クシャクシャの3万を拾い、トボトボと環八を歩いていると、いつしか涙がポロポロとこぼれていました、脇腹の痛みと自分の立場の弱さに涙が止まりませんでした。

 

f:id:akabane1234:20170514065353j:plain

 

こうしてアカバネは、アットホームな会社を退職しました。

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると、大変励みになります。
どうか、下のバナーをポチッと押して下さい。

よろしくお願いします!m(_ _)m

 


おたく(ヲタク)日記ランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村