社畜で家畜な日々に祝福を

ブラック企業での悲惨な日々を中心に記事を書いていきます。

10代最後の恋の話

みなさん、社畜してますか?

最近ブログが少し楽しくなってきた、アカバネです。

 

f:id:akabane1234:20170602003404j:plain

 

ブログを書きながら、何時もの様にPCのiTunesを起動させると、1曲目がSing Like Talkingの「離れずに暖めて」でした。

 

1000曲入ったプレイリストをシャッフルさせて、1曲目にこの曲

 

何か、運命的なものを感じて、今回の記事を書く事にしました。

 

胸のずっと奥の方にしまってある、大切な思い出

 

10代最後の恋の話

 

f:id:akabane1234:20170602005309j:plain

 

僕の通っていた高校は男子校で、まともな恋愛経験もないまま18歳になった僕は「就職したくないから」と理由で、逃げ込むように専門学校に入りました。

 

勉強もせず、家の手伝いもせず、学校から帰れば深夜までゲーム、見かねた母親から「バイトくらいしなさい」と言われ、渋々入ったピザ屋のバイトで、僕は彼女と出会いました。

 

彼女はマキさんといい、僕より2歳年上の20歳、熊本県でも有名な大学の英文科に通っているとの事で、英語の発音がとても綺麗なのが印象的でした。

 

マキさんは何時もニコニコと笑顔を絶やさない人で、初対面の僕に「ヨロシクね」と握手してくれたのを、今でもよく憶えています。

 

初めて会った時から、気になっていたような気がします、気が付けばマキさんを見つめていたり、シフトでマキさんと重なる日を数えていたり、マキさんが好きな曲を教えてもらい、バイトの帰りにこっそりレンタルして聴いたりました。

 

バイトに入って3ヶ月がたち、僕とマキさんは趣味の音楽を通してグッと仲良くなりました。

 

ある日のバイト帰り、突然マキさんが「私のお気に入りをいれてきたんで、聴いてみて」とお気に入りの洋楽を編集したテープと、手書きで書いた曲の解説を僕にくれました。

 

嬉しくて飛び上がりたくなる気持ちを抑えながら家に帰り、マキさんが手書きで書いてくれた解説を読みながら、マキさんがくれたテープを何回も何回も聴いたのを今でも覚えています。

 

次の日、今度は自分のお気に入りを入れたテープに、手書きで書いた曲の解説、昨日もらったテープの感想とお礼を書いて、マキさんに渡しました。

 

その日をきっかけに、お気に入り編集テープの交換会が始まりました。

 

交換会にはマキさんが考えた、M・ナイト・シャマラン監督作品ばりの、破ってはいけないルールがありました。

  

1,お互いバイトのシフトで重なった日に交換する

2,受け渡しはバイトが終わってから

3,場所はバイト先の裏にある駐輪場

4,バイト先のみんなには秘密

 

それはまるでいけない薬の受け渡しのようでしたが、二人だけの秘密が出来たみたいで、実は少し嬉しくもありました。

 

交換の回数を重ねるうちに、曲の解説は何時しか、日々あった事、楽しかった事、悲しかった事を書く手紙のようになっていき、編集したテープがない時も、解説という名の手紙の交換はずっと続きました。

 

沢山の手紙を書き、そしてもらいました、マキさんからもらった手紙を枕元に置いて、夜眠くなるまで、何回も何回も読み返して、マキさんの事を考えながら眠りました。

 

マキさんの事を思いながら手紙を綴るたび、マキさんからの手紙が増えるたび、僕はマキさんの事を好きになっていきました。

 

毎晩布団の中で「明日こそは告白しよう」と思うのですが、断られてしまい、今のこのささやかな幸せが壊れてしまうのも怖くて、花占いする乙女のように「告白する」「告白しない」と毎晩唸りながら眠れぬ夜を過ごしました。

 

f:id:akabane1234:20170602003448j:plain

 

バイトが休みのある日、僕はバイト仲間のT君とカラオケに行く事がありました。お互い10曲以上歌い、さすがに歌い疲れてちょっと休憩していると、お決まりのように女の子の話になりました。

 

バイト先の女の子の話から始まり、途中でマキさんの話題になりました、「マキさんいいよね〜可愛くて、優しいし」とT君「うんうん」と僕噂だけど、マキさん店長と付き合っているらしいよ」「え、、、嘘でしょ?」「まぁ噂だけどね」とT君は戯けながら言いました。

 

僕はT君にバレないよう出来るだけ平静を装うとしましたが、足元の地面が崩れて、奈落の底に落ちていくような感覚がしました。

 

f:id:akabane1234:20170602003504j:plain

 

その日は、もうカラオケどころではなくなってしまい、それでお開きとなりました。

 

家に帰ってからすぐ部屋に鍵をかけ、布団を被って「うわああああああ」と叫びました「嘘だ」「嘘だ」「嘘だ」心の中で何度否定しても、いくら叫んでも、心のモヤモヤは一向に晴れません、どうすればいい、、、。

 

答えなんて、とっくに出ていました。

 

「告白しかない」

 

マキさんに店長との関係を聞いて、どうする?

 

「付き合ってます」と言われて、それで全部終わりか?

 

終われる訳ない、まだ終われない。

 

今迄思い続けた気持ちを、悩み続けた夜を、手紙を交わした日々を、このまま胸にしまい込むなんて出来ない。

 

僕のありったけの気持ちを「マキさんに見てもらうんだ」僕は告白する決意をしました。

 

f:id:akabane1234:20170602005245j:plain

 

そしてマキさんとシフトが重なる日が来ました。 

 

 「今日も頑張ろうね!」と言うマキさんに「今日バイト終わってから、聞いて欲しい事があるんですけど、少し時間もらえますか?」と伝えました「、、、いいけど、何かな?」とマキさんは少し訝しんでいましたが「大事な話があります」とだけ伝えて、それ以上その話はしませんでした。

 

仕事を終え、バイト先の近くにある公園で、マキさんの事を待ちました。

 

f:id:akabane1234:20170602003525j:plain

 

しばらくしてマキさんがやって来ました「こんな所に呼び出して~わたし告白でもされちゃうのかな?」と僕の顔を見るなり、冗談を言ってくるマキさん「もし、そうだったらどうします?」と真剣な顔で言ってみました「や、やだなあ年上をからかうもんじゃないぞ」いつもヘタレな僕から予想外の答えが返ってきたからか、マキさんは珍しくドギマギしていました。

 

少し沈黙が続いて「好きです、付き合ってください」と頭を下げて言いました、マキさんから何の返事もないまま何分かの時間が過ぎました。

 

f:id:akabane1234:20170602003554j:plain

 

おそるおそる顔を上げると、マキさんは何故か少し泣いていました「どうしたのマキさん、そんなに嫌だった?」と聞くと「ううん嬉しくて、こちらこそヨロシクね」と初めてあったあの日のように、僕の手を握ってくれました。

 

僕達は、恋人同士になりました。

 

つづく 

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブックマーク、コメント頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします!m(_ _)m