社畜で家畜な日々に祝福を

ブラック企業での悲惨な日々を中心に記事を書いていきます。

残念魔女のサラと黒猫ハーブの日常

みなさん、社畜してますか?

 

最近仲良くなったブロガーさんに影響をうけまして、オリジナルを1本作ってみました、アカバネです。

 

f:id:akabane1234:20170806182157j:plain

 

実験企画

「残念魔女のサラと黒猫ハーブの日常」

 

「あ~お金がない」

 

「もうお金にならない占いなんて辞めたら」

 

「なによ~私の占いは当たるんだから、お金にならないはずがないのよ」

 

「浮気してる事を言い当ててカップルを破局させたよね」

 

「あれは浮気をしている男が悪いのよ、私悪くないもん」

 

「あのね~サラ、商売でやる占いは、とりあえず良い事を言っておけばいいんだよ、彼氏も彼女も浮気してますとか、彼氏が実はニートだとか、二十歳と言ってた彼女の年が28歳だとか、わざわざ言わなくてもいいんだよ」

 

「なによ~ハーブは私に嘘の占いをしろって言うの」

 

「余計な事を言わなくていいって言ったんだ、お金払って占ってもらうんだったら、誰だって良い事期待するだろ、ネガティブな事ばっかり羅列して、挙句に占い代ももらえないんじゃ、意味ないじゃないか」

 

「私は自分に嘘は付かないわ、だって私魔女だもん」

 

「ほうきにも乗れない、魔法も使えない、薬も作れない、サラに出来るのはBLのカプを作るくらいだろ」

 

「うるさいうるさい、謝って、BLのカプしか作れないと言った事、3回謝って」

 

「本当にサラは器が小さいな~小さいのは胸のサイズだけにしてくれない」

 

「ああああああああああああああああああ」

 

「ちょっ、猫虐待、猫虐待」

 

「言っちゃいけない事言った、言っちゃいけない事言った」

 

「まってサラ僕が悪かった、やめて首輪を締めるのはやめて」

 

「使い魔の猫風情が、魔女様に逆らうとか、ありえないから」

 

「、、、サラ~僕がツイッターしているの知ってるよね?」

 

「それが、何よ」

 

「僕のフォロワー10万人いるんだけど」

 

「なんで猫の癖に10万人もフォロワーがいるのよ、私なんて30人しかいないのに」

 

「いいかい、僕が「飼い主に虐待されました」って泣きながらツイートしたら、猫好きの10万人がサラに襲い掛かるけど、いいの?」

 

 「うっ」

 

「2chにも晒されるよ、サラのバイト先のローソンにも、猫大好きなフォロワーの人が来るだろうね~、謝るなら今のうちだよ」

 

「嫌よ、猫に謝るくらいなら死を選ぶわ」

 

「そう、、、短い付き合いだったね、、、ナウナウ」

 

「すいませんでした~、冗談でした~、ハーブ様、お猫様」

 

「やれやれ、分かればいいよ」

 

「私、、、私、、、使い魔の猫にまで馬鹿にされて、フォロワーが30人しかいなくて、、、あんまりだわ〜」

 

「まあサラは頭悪いんだから、しょうがないよ、ドンマイ」

 

「わ~ん」

 

「それよりサラ、僕お腹すいちゃった」

 

「私だってすいてるわよ」

 

「いいかいサラ、君が食べないのは勝手だよ、でも僕には1日3回の綺麗な水と猫の缶詰を用意してね、あと僕の缶詰を時々食べるのもやめてね」

 

「私だって、たまにはコンビニの廃棄弁当以外が食べたいのよ」

 

「だからって、猫の缶詰食べないでよ」

 

「普通に美味しかったわよ、ご馳走様」

 

「その穴埋めに、安売りのツナ缶出してきたよね」

 

 「ハーブの猫缶一個100円もするの、もうツナ缶でいいでしょ?」

 

「いいかいアホのサラ、ツナ缶を食べ過ぎると、僕達猫は「イエローファット」になりやすくなるんだ」

 

 「イエローファット?タイヤならいらないわよ、車もないし」

 

「それはイエローハットでしょ、僕が言っているのは黄色脂肪症(イエローファット)病名だよ」

 

「知らないわよ、イエローハットでもイエローファットでもどうでもいいわよ、お金がないの、ねえお金がないの」

 

「そんな事を猫に言うのはサラ位だよね、とにかく僕は「モンプチゴールド缶 極上まぐろ」以外食べる気ないから、ヨロシクね」

 

「何がモンプチよ、雑種の黒猫のくせに」

 

「あっ僕が気にしている事を、サラなんてコミケ用に描いた、スラムダンクのBL2次創作原稿「左手は添えるだけ」をコンビニのコピー機に忘れて 、コンビニの店員さんに「花道x楓の人」って呼ばれているくせに~」

 

「ああああああああああああああああああ」

 

「ちょっ、猫虐待、猫虐待」

 

「本当に言っちゃいけない事言った、本当に言っちゃいけない事言った」

 

結果次第でつづく

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブックマーク、コメント頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします!m(_ _)m