社畜で家畜な日々に祝福を

ブラック企業での悲惨な日々を中心に記事を書いていきます。

女子高教師の友人が痴漢冤罪でヤバかった話

みなさん、社畜してますか?

今回は、最近話題になってる「痴漢冤罪」の記事になります。

 

f:id:akabane1234:20170623010236j:plain

 

アカバネの友人Kさんは、都内の女子高で英語を教えており、生徒指導主任をするほど真面目な人間です。

 

アカバネは少し前まで、定期的にライブハウスで弾き語りをしておりまして、Kさんとはそのライブハウスで知り合いました。

 

(ライブハウス、アカバネのオリジナル楽曲、ライブハウスを出入り禁止になった事、この辺は面白記事になりそうなので、詳しくは割愛します。)

 

Kさんは普段クソが付くほど真面目な人なのですが、ライブになると「ガンマン」(Kさん作詞作曲)という立ちションの歌を歌う変態でした。

 

ちなみにサビでは「にょーにょにょにょーにょにょー」と立ちションのポーズで歌い、客席のみんな大喜びでした、みんな馬鹿ばっかりです(笑)

 

「ストレスがたまっているんですね」と司馬達也なら言うと思います。

 

f:id:akabane1234:20170623012347j:plain

 

今回の記事は、そんなKさん(どんなKさんだよ(笑))から聞いた、本当にあった幽霊より怖い話になります。

 

f:id:akabane1234:20170621010302j:plain

 

Kさんが勤務する女子高は進学校で、規則がとても厳しく、その中の一つに生徒の携帯持ち込み禁止、発見しだい没収というものがあるそうです。

 

ただ今の若い女の子、それも女子高生に携帯禁止、持込み禁止といっても、規則遵守はなかなか難しく、女生徒たちは隠して携帯を学校に持ち込み、それをKさんたち教師が取り締まる、いたちごっこが続いていたそうです。

 

ある朝、出勤しようと埼京線(痴漢が多い事で有名な沿線です。)に乗ったKさん(今日も混んでいるな)と思っていると、少し離れた所にKさんの勤務する女子高の制服が見え、生徒指導主任であるKさんは、満員電車の中でも溢れる教師魂が出てしまい、その女生徒の事を注視していたそうです。

 

f:id:akabane1234:20170623022547j:plain

 

その女生徒は、おもむろにカバンからスマホを取り出すと使い始め、それを見たKさんは(現行犯、携帯没収)と思ったそうです。

 

満員電車の中、少しずつ女生徒の立つ位置に移動し、やっとの事で女生徒の後ろに辿り着くと、小さな声で「携帯使用禁止」と女生徒に呟いたそうです。

 

振り返りKさんの顔を見て青ざめる女生徒

 

「帰りに返すから携帯を渡しなさい」と呟くKさん

 

女生徒はKさんの言う事をきかず、スマホをカバンに入れると「ゆるして下さい」と小さな声で言ってきたそうです。

 

「規則は規則、帰りに返すから一旦私に携帯を預けなさい」とKさんが女生徒のカバンに手を伸ばした次の瞬間

 

 「やだっヤメテ、ゆるして」

 

と悲痛な叫びをあげる女生徒

 

ざわつく車内

 

(あれ、これやばくないか)と思っていると

 

屈強なガタイのサラリーマンがKさんの腕を強く掴み「あんた次の駅で降りろよ」と言って来たそうです。

 

早く弁解せねばと思ったKさんは「違います、私はこの子が通う高校の教師でっ」

 

話の途中で腕を強く締め上げられその痛みで、言葉に詰まるKさん

 

「自分の学校の生徒に手を出すとか、本当のクズだなお前」と勝手な解釈のもと、正義を執行する屈強なガタイのサラリーマン

 

車内の人たちは、朝カラスが啄ばみ、撒き散らされたゴミ捨て場の生ゴミを見るような目でKさんの事を見つめ、、、

 

スマホでの写真撮影会がはじまり、、、

 

SNSで世界に向けての拡散がはじまり、、、

 

世界の終わりを告げるラッパの音が、確かに聞こえたそうです。

 

f:id:akabane1234:20170623023221j:plain

 

これはヤバイと思ったKさんは、件の女生徒に

 

「ねえ、お願い何とか言って、お願い」と懇願し

 

それを聞いた女生徒は俯き、何も言わず、泣きながら震えていたそうです。

 

(泣きたいのは、こっちなんですが~)とKさん

 

「お前、もうそれ以上しゃべるな」と更に正義を執行する、屈強なガタイのサラリーマン

 

 次の駅で、女生徒、Kさん、屈強なガタイのサラリーマンの三人で下車し

 

誤解が解け、開放されるまでに1時間かかったそうです。

 

f:id:akabane1234:20170623023210j:plain

 

「人生終わるかと思ったよアカバネ君」と浴びるように酒を飲みながら語るKさん

 

「それは大変でしたね」と言いながら、面白いネタありがとうございますとほくそ笑むアカバネ

 

f:id:akabane1234:20170623024115j:plain

 

本当にあった幽霊より怖い痴漢冤罪の話でした。

 

おわり 

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブックマーク、コメント頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします!m(_ _)m