社畜で家畜な日々に祝福を

ブラック企業での悲惨な日々を中心に記事を書いていきます。

残念魔女のサラと黒猫ハーブの日常③

みなさん、社畜してますか?

 

早いもので今回で3回目となる「残念魔女のサラと黒猫ハーブの日常」です。

 

f:id:akabane1234:20170615010933j:plain

 

www.akabane1234.xyz

 

 

www.akabane1234.xyz

 ↑ 最初から読んだ方が、より楽しく読めると思います。

 

ここからが本編です ↓

 

店長 「本日は「猫カフェ愛 赤羽店」にお越し頂きありがとうございます、今日は当店No.1ホスト猫のハーブ君が出勤しておりますので、よろしくお願いします」

 

ハーブ ニャーン(ハーブです)」

 

客1「きゃあああああ、ハーブ君、こっち向いて~」

 

客2「 きゃあああああ、ハーブ君、私の膝あいてますよ~」

 

客3「 きゃあああああ、ハーブ君、モフモフさせて~」

 

店長 「ハーブ君1番テーブル、常連のアイさん御指名です」

 

ハーブ 「ニャ、ニャーン(アイさーん待ってたよ~)」

 

アイ 「ハーブ君だ~今日は帰さないからね、モンプチゴールド缶極上マグロ注文するから、今夜はずっとそばにいて欲しいの」

 

ハーブ ニャニャニャ、ニャーン(夜一人で眠れないなんて、困った子猫ちゃんだ)」

 

アイ 「やだ、イケメン」

 

店長 「ハーブ君今度は3番テーブル、常連のマイさん御指名です」

 

ハーブ 「ニャ、ニャーン(マイさーん待ってたよ~)」

 

マイ 「ハーブ君、あのアイとかいう女誰よ、浮気はギルティだから」

 

ハーブ 「ニャニャニャ、ニャーン(僕の瞳に今写っているのは、マイさんだけだよ)」

 

マイ 「やだ、抱いて」

 

(注:ハーブはニャーンしか言ってません、会話が成立している様に見えるのは、全て気のせいです。)

f:id:akabane1234:20170617200934j:plain

 

店長 「いやあ、お疲れちゃんお疲れちゃん、ハーブ君のおかげで、今日も笑いが止まらないよ~」

 

ハーブ 「ニャーン(店長、ちゃんと給料に還元してくださいね)」

 

店長 「分かってるよ~先月分の給料、今日振り込んでおいたからね」

 

ハーブ 「ニャニャーン(ありがとうございます)」

 

店長 「また明日もよろしく頼むよ」

 

ハーブ 「ニャオーン(分かりました、また明日)」

 

(注:ハーブはニャーンしか言ってません、会話が成立している様に見えるのは、全て気のせいです。)

(注:「猫カフェ愛 赤羽店」は、ちょっと変った猫カフェです、ホストクラブではありません)

f:id:akabane1234:20170617202116j:plain

 

「すっかり遅くなっちゃった、もうサラ帰ってるかな」

 

、、、

、、

 

 「ただいまー」

 

「遅いわよハーブ、お腹すいた、お腹すいた」

 

「今日は遅くなるから、先に食べてて良いよって言ったのに」

 

「だって、一人で食べても美味しくないんだもん」

 

「サラ、君もたまには優しい事を言うんだね、はてはてプロの変更代金に僕の缶詰代を使い込んだ時は、203高地に埋めて砲撃してやろうかと思ったけれど、埋めないで本当に良かった」

 

「いま、203高地に埋めるって言った?」

 

「言ってない」

 

「さあ、ご飯にしましょう」

 

「そうだね」

 

「今日の廃棄弁当は、私の大好きなから揚げ弁当で~す」

 

「サラ~たまには野菜も食べないと、身体に悪いよ」

 

「だって、サラダの廃棄は持って帰っちゃダメって、店長が意地悪するんだもん」

 

「自分でサラダを作ればいいじゃないか」

 

「やだ~めんどくさいめんどくさい、ハーブが作ってよ」

 

「サラ、猫に求めるハードルが高すぎるだろ」

 

「もう、私はお腹がすいてるの、早くご飯を食べたいの」

 

「分かった分かった」

 

「いただきま~す」 「頂きます」

 

f:id:akabane1234:20170620212330j:plain

 

「ごちそうさまでした~」 「ご馳走さまでした」

 

「デザートデザート~」

 

「サラ~ご飯食べてすぐに甘いもの食べて、太っても知らないよ」

 

「大丈夫、まだあわてるような時間(重さ)じゃない」

 

「ドヤ顔で仙道さんの名言いわれても、僕はドン引きだよ」

 

「今日のデザートはガリゴリ君のソーダ味です、ハーブも食べる?」

 

「猫はガリゴリ君を食べない」

 

「知ってましたが、言ってみました〜プークスクス、それではあらためて、ガリゴリ君いただきま~す、ん〜冷たくて美味しい」

 

「一言多いんだよサラは、それはそうとサラ、君の後ろにある青リンゴマークの箱はなんだい?」

 

「これはねえ、今年のコミケ用に買った秘密兵器、青リンゴプロDXです」

 

「青リンゴプロDX~そんなモノ買うお金どこにあったの?」

 

「、、、」

 

「サラ、、、もう一度聞くよ、そんなモノ買うお金どこにあったの?」

 

「、、、ガリゴリ君食べる?私の食べかけだけど」

 

「サラ~君に預けている、僕の通帳の残高を見たいんだけど、出してくれないか」

 

「、、、ガリゴリ君食べる?溶けかけだけど」

 

「早くしてくれないかな、もう10万人のフォロワーのみんなに、ツイートする手を止める自信がない」

 

「まって、ツイートしないで、出します、出しますから~」

 

「なんじゃこりゃ~、残高0って、今度は僕の貯金に手をつけたのか、このダメ魔女、犯罪変態魔女」

 

「ちがうの、聞いて欲しいの」

 

「聞くだけ、聞いてあげるから言ってごらん、、、ナウナウ」

 

「ハーブその前に携帯をこっちに置いて欲しいの、お願いナウナウしないで」

 

「早く言わないと、最近新しくフォロワーになった、超過激派の地球教の人たちにもツイートしちゃいそうだよ」

 

「まって、ハーブ様、お猫様、地球教の人たちだけは勘弁してください」

 

「はあ、聞くだけ、聞いてあげるから理由を言ってごらん」

 

「私もね、最初はバイトを頑張ろうと思ったの」

 

「それで、何がきっかけで猫のお金を使いこんじゃったのかな、、、かな?」

 

「あるブログにね、こう書いてあったの「迷ったら楽な方を、えらぶのがいいと思う」って、それでね、、、楽な方をえらんじゃいました」

 

「それ楽しい方、楽しい方だから、今頃そのブログの管理人さん、嗚咽をあげて泣いているよ」

 

「楽も楽しい方もにたようなモンじゃない、私悪くないもん」

 

「そっか~僕の怒りとそのブログの管理人さんの涙の分まで、ツイートせざるを得ないようだね、、、ナウナウ」

 

「まって、まってください、お金を返すあてがあります」

 

「、、、聞くだけ聞いてあげる」

 

「今年のコミケはイケルと思うの」

 

「花道x楓本がって事かい?」

 

「甘いわねハーブ、今年は安西x三井本よ」

 

「百歩譲って花道x楓本ならまだ分かるけど、安西x三井本って何?馬鹿なの?死ぬの?狂気しか感じないよ、ホラーだよ」

 

「いいハーブ、コミケにはこういう言葉があるの「狂気の沙汰ほど面白い」」

 

「うまいこと言ったつもりか、この変態使い込み魔女」

 

「返すから、安西x三井本の売り上げで返すから」

 

「その売り上げで返す予定なら、100年かかるわ、変態使い込み魔女、あと貧乳」

 

「ああああああああああああああああああ」

 

「ちょっ、猫虐待、猫虐待」

 

「最後に言っちゃいけない事言った、取って付けたように言っちゃいけない事言った」

 

つづく

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブックマーク、コメント頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします!m(_ _)m