社畜で家畜な日々に祝福を

ブラック企業での悲惨な日々を中心に記事を書いていきます。

十条仲原の呪われたアパート

みなさん、社畜してますか?

今回は、ちょっとホラーな話にします。

 

f:id:akabane1234:20170620225602j:plain

 

もう担当から外れてしまったのですが、うちの会社で設備しているアパートに呪われたアパート「メゾンK」と呼ばれる物件があります。

 

そのアパートは北区の十条仲原という、かなりゴチャゴチャした立地にあり、ナビでも正確な位置が出ないため、現場が分かり辛い事でも有名でした。

 

「メゾンK」の担当を引き継ぐ時、前任者の担当だったOさんから「あそこに行く時は、昼間に行ったほうがいい、夜はやめておけ」と言われた事があります、その時はOさんが何を言っているのかよく分からなかったのですが、今なら分かります。

 

そこは、夜に行ってはいけない場所だったのです。

 

暫くしてOさんは失踪し、行方が分からなくなってしまいました。

 

f:id:akabane1234:20170623023210j:plain

 

「メゾンK」の修理依頼は必ず未入居の状態で、入ってきました。

 

未入居と言うことは、誰もいないという事なので、こちらの都合で現場に入る事ができます、普通の現場は時間が決まっている事が多いため、必然的に未入居現場の訪問は、最後の方になってしまいます。

 

その日は雨が降っていました、時計の針は19時を回っており、辺りは完全に日が暮れていました。

 

ナビ上では現場近くまで来ているはずなのに「メゾンK」の場所がどうしても分かりません、仕方がないので近くに住むというメゾンKの大家さんの自宅に電話をかけました。

 

電話が大家さんに繋がり「メゾンK」の場所が分からないので、目印を教えて欲しい事を伝えました。

 

大家さんは何故か機嫌が悪い感じでした。

 

「あんたこれからKに行くの?」

 

「すいません、仕事が押してしまって、物音は立てませんのでよろしくお願いします」

 

「夜に行くのは危ないから、やめとけ」と失踪したOさんと同じ台詞を大家さんが言い出しました。

 

「すいません、迷惑はかけませんので、お願いします」

 

「とにかく今日はもう遅いし、明日にしてくれ」と言われた後、ガチャリと電話は切れてしまいました。

 

大家さんには明日と言われてしまいましたが、次の日も予定はぎっしりと詰まっており、1件でも仕事を減らしたい、そして何よりも現場近くまで来ているのに何もせずに帰るという事が、その時の僕には考えられませんでした。

 

雨の中傘を差して30分位でしょうか「メゾンK」を探して、辺りを行ったり来たりしていました、辺りは真っ暗で視界が悪くて、見えるものといえば、少し先にある自販機だけでした。飲み物を照らす蛍光灯が切れかかっているのか、自販機はシパシパとモールス信号のように点滅していました。

 

すっかり歩き疲れてしまった僕は、コーヒーでも飲むかと自販機の前で立ち止まると、自販機の横に隠れた、細い小道を見つけました。ひょっとしてここかなと思い、その細い小道を先に進んでいくと、奥にどんよりとした雰囲気の2階建てアパートを見つけました。

 

外に「メゾンK」と書いてあり「やっと見つけた」と胸を撫で下ろしました。

  

敷地に入ってすぐの所に集合ポストがありました、集合ポストには沢山のチラシが無理やり突っ込んであり、入りきれない分が床に散乱し、それが雨に塗れてグチャグチャになっていました。

 

赤いチラシの残骸がまるで、血だまりのようでした。

 

f:id:akabane1234:20170723030526j:plain

 

つづく

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブックマーク、コメント頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします!m(_ _)m