社畜で家畜な日々に祝福を

ブラック企業での悲惨な日々を中心に記事を書いていきます。

これはただの人生ゲーム、そう思っていた、、、

みなさん、社畜してますか?

 

今回は、SとKが泊まりに来た日の夜に行われた、デスゲームの記録です。

 

www.akabane1234.xyz

 

www.akabane1234.xyz

 ↑ ぜひ初めの記事から読んで下さい。

 

 昼にマスカルポーネの贅沢10種ピザと酒をしこたま飲んだSとKは、家主に断りもなく風呂に入り、僕が休日の楽しみにと奮発して買った神戸牛を、ビールを飲みながらムシャムシャしていた。

 

アカバネ「その神戸牛って、昼に食ったマスカルポーネの贅沢10種ピザと、同じ位の値段なんですが

 

S「通りで美味いと思った、口の中で溶けるな~

 

K「これには、僕もおはだけ待ったなし

 

アカバネ「K君、おはだけするなら、えりなさんでお願いします。

 

K「えりなさんは、中の人と一緒にお休みしています

 

アカバネ「K君がおはだけしても、ちっとも嬉しくないんですが、、、

 

S「アカバネ~Kが脱ぐって言ってるんだから見てやれよ

 

K「僕達3人がおはだけとか、腐女子のみなさんがアップを始めるレベル

 

アカバネ「俺達3人がおはだけしても、腐女子のみなさんは喜ばないと思うぞ

 

S「わからんぞ、ニッチなファンがいるかもしれんぞ

 

K「アカバネ君は失礼、普段部屋に篭って、ラノベばっかり書いている、僕の色白ボディーを見せるチャンス

 

アカバネ「こんなに嬉しくないおはだけを、俺は他に知らない

 

S「そうそう、忘れないうちにアレをアカバネにあげようぜ

 

K「すっかり忘れていた

 

アカバネ「なんだなんだ、何かくれるのか?

 

S、K「「誕生日プレゼントだ」」

 

アカバネ「マジか~お前ら~

 

S「親友の誕生日を、俺達が忘れるわけないだろ

 

K「これS君と僕から、アカバネ君誕生日おめでとう

 

二人からリボンの付いた紙袋をもらった、フリーター生活で決して楽な暮らしではないはずの二人が、僕の為に色々と悩んでプレゼントを買ってきてくれた。二人のその気持がただ嬉しかった。こういう事を不意打ちのようにやってくれる「まったくSとKは最高だぜ

 

僕の乾いた心が、潤っていくのを感じた。

 

アカバネ「お前ら~ありがとう、開けても良いか?

 

S「おう、お前に似合うと思うぜ

 

K「これを見た瞬間、アカバネ君の事が頭に浮かんだ

 

f:id:akabane1234:20170620212330j:plain

 

アカバネ「、、、、、何これ?

 

S,K「「まったく小学生は最高だぜTシャツだ~」」

 

 

アカバネ「俺の感謝の気持ちと神戸牛を返せ

 

S「なんだよ~それ着て朝から小学生に挨拶しろよ~

 

K「女子バスケ部のコーチ就任待ったなしの一品

 

アカバネ「よし、SHOOT!を歌っちゃうぞって馬鹿

 


【CD音質・歌詞】ロウきゅーぶ!OP SHOOT! Instrumental

 

S「よし三人で、このマンションのエントランスで踊りながら歌うか、俺はゆかちな!

 

K「悪くないアイデア、僕はざーさんのポジションで踊る

 

アカバネ「じゃあ俺は、小倉唯で

 

S「お前は、日笠だな

 

K「アカバネ君は、日笠がお似合い

 

アカバネ「俺には選ぶ権利もない件について、、、

 

アカバネ「ってバカバカ、このマンションに住めなくなって、社会的にも死んでしまうわ

 

S「いいじゃんか、初心に帰ろうぜ

 

K「もうゴールしてもいいよね

 

アカバネ「K君、それ完全に終わってるから

 

S「最近アカバネが全然面白くない

 

K「ホームレスの列に並んで、炊き出しの豚汁を美味しそうに食べていた、あの頃のアカバネ君に帰ってきて欲しい

 

アカバネ「忘れたい過去をサラッと言わないで

 

S「2回並んで、それを見ていたホームレスに、ガチで怒られたアカバネは何処に行った

 

K「あの頃のアカバネ君は、輝いていた

 

アカバネ「そんな輝きなんていらない

 

S「俺達が止めても強行した、コミケの夏を思い出せ

 

K「あんなに売れなかった同人誌は、他に見た事がない

 

アカバネ「お前ら~俺の同人誌返せ

 

S「この同人誌の表紙は俺が描いているから、俺のものでもある

 

K「僕が死んだら、世界に拡散するようワタリに頼んである

 

アカバネ「1冊3000円で買うから、売ってくれ

 

S「この同人誌は、3000円より重いっ・・・・・!!

 

K「ざわ・・・ざわ・・・

 

アカバネ「同人誌を賭けて、人生ゲームで勝負だ!!

 

S「社畜のお前が、俺達に勝てるかな

 

K「敗者には、エロ本とホームランバーをやってもらう事になる

 

アカバネ「マジで?ヘタしたら社会的に死ぬぞ

 

S「怖気づいたのかアカバネww

 

K「狂気の沙汰ほど面白い

 

アカバネ「やってやろうじゃないか!

 

S、K「ood

 

アカバネは、黒歴史であるエヴァ本を取り戻す事が出来るのか、そしてKが言った「エロ本とホームランバー」とは一体、、、

 

つづく

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブックマーク、コメント頂けると大変励みになります。

よろしくお願いします!m(_ _)m