社畜で家畜な日々に祝福を

ブラック企業での悲惨な日々を中心に記事を書いていきます。

オッパイパブで前屈みになった時の話

今回UPする記事は、以前書いたものでひょっとしたら、読んだ事あると言う方もいるかもしれません。

 

「何、上げたり下げたりしてんだ、アカバネの馬鹿」と言う声が、聞こえてきそうですが、、、。

 

聞いて下さい、実はこの記事ですね、、、Google先生から削除要請が来た。

 

嬉し恥ずかしな記事なのです。

 

当時のアカバネはGoogle様の機嫌を損ねてはいけないと思い、すぐに削除したのですが、、、削除しようがしまいが、アカバネには今だに1円の入金もなく(トータル8000円超えていない為)削除要請だけとか「なめとんかGoogle」と思い直し。

 

再度UPする事にしました 。

 

わはははははは

 

もうブログ収入とかどうでもいいわ~

 

というわけで、オッパイパブに行ってみよう!!

 

ここから先は、以前掲載した記事になります。

読んだ事ある方は、読み飛ばして下さい。 

 

↓  

 

 みなさん、社畜してますか?

起きたら1日が終わっていたアカバネです。

 

f:id:akabane1234:20170525211748j:plain

 

今回はO社の仕事で、オッパイパブの詰まり除去に行った時の話です。

 

f:id:akabane1234:20170528212218j:plain

 

皆さんはオッパイパブに行ったことはありますか?

 

プライベートで行ったことある方、いやいや私は働いていますという方、イロトリドリノセカイです。

 

f:id:akabane1234:20170528212411j:plain

 

そんな大人のアミューズメントパーク、オッパイパブに仕事で行った時の話になります。

 

f:id:akabane1234:20170528205601j:plain

 

www.akabane1234.xyz

 

www.akabane1234.xyz

記事の中で出てくる、O社、アル中のOさんの事が書いてありますので、良かったらぜひ合わせて読んで見てください。

 

その頃アカバネはまだ採用期間中で、指導係であるアル中のOさんと同行して、現場を回っていました。

 

「はあ、今日も暇だべ~」といつもの様にOさんがボヤきだしました、「そっすね」ととりあえず相槌を打ちながらながら車を走らせるアカバネ。

 

f:id:akabane1234:20170528213107j:plain

f:id:akabane1234:20170528213118j:plain

 

O社からの仕事は次から次に入る日もあれば、1件入って次が3時間後という日もあり、次の依頼が入るまでの間は、各々時間を潰しながら電話を待つというのが、O社での勤務スタイルでした。

 

f:id:akabane1234:20170528205807j:plain

 

指導係のOさんはアル中で、勤務中も大体飲んでおり、その日も缶ホルダーにはいつもの様にスーパードライが置いてあり、ガブガブと水を飲むように飲んでいました。

 

f:id:akabane1234:20170528213020j:plain

 

ラーメン屋に行けば、餃子とビールを頼み、コンビニにコーヒーを買いに行けばビールを買い、水筒に良く冷えた麦茶割の焼酎を入れてくる、正にフリーダムガンダムの様な男それがアル中のOさんです

 

f:id:akabane1234:20170528213043j:plain

 

 

なぜそんな無法が許されるのか?

 

過去記事に書いていますが、OさんはO社の中でも特別で、社内でも常に最高の売り上げをあげ、年収1000万、愛車ベンツというとんでもないアル中なのです。

 

O社は完全実力主義です、社員が元犯罪者だろうがテロリストだろうがアル中だろうが、どうでも良いのです、大事なのは売り上げだけ、ほかには何もいらない、それがクソブラック水道会社Oでした。

 

「もう帰って、飲むべ」とビールを飲みながら妄言を吐くアル中のOさん、もうアンタずっと飲んでんじゃねーかと思いながら「まだ3時っすよOさん」と答えるアカバネ。

 

f:id:akabane1234:20170528213145j:plain

f:id:akabane1234:20170528213201j:plain

 

Oさんは暇になるとすぐ家に帰ろうとする問題児で、いったん家に帰ると仕事の電話にも出ないため、O社の幹部から何と言われても絶対に家には帰すなと、厳命されていました。

 

f:id:akabane1234:20170528213254j:plain

 

 

アカバネはOさんに気付かれぬ様にしながら、O社の幹部に「Oさんが帰ろうとしてます、至急依頼を流してください」とメールします。

 

Oさんに指導されながら、Oさんの事を監視し、その情報をO社の幹部に報告する、まるで二重スパイの様な仕事を当時アカバネはしていました。

 

f:id:akabane1234:20170528213222j:plain

 

暫くしてOさんの携帯が鳴ります、「あちゃ~仕事だ~」もう帰るモードに入っていたOさんは露骨に嫌な顔をして電話に出ません、「まずいっすよOさん、電話でないと」と説得するアカバネ。

 

f:id:akabane1234:20170528213324j:plain

 

「はいOです」と本当に嫌そうに電話に出るアル中のOさん、こんな無法が許されるのもO社だけだよなとブラック会社の意外な一面に触れ、そこで実力を発揮できる人間もいて、OさんはO社に必要とされている、だから我侭がまかり通る「大物アーティストかっ」と突っ込みたくなるが、羨ましくもありました。

 

「本当か、あそこか」Oさんの弾んだ声が車内に響きます、「早く言えよ~すぐ行くべちゃ」と電話を切るOさん「ご機嫌ですねOさん」と声をかけると「喜べアカバネ、オッパイパブに行くど」とキメ顔のOさん。

 

f:id:akabane1234:20170528213447j:plain

f:id:akabane1234:20170528213506j:plain

 

Oさんは機嫌が良くなり「飛ばせよアカバネ、現場は五反田だべ~」となんだかよく分からないが、オッパイパブに仕事で行く事になりました。

 

f:id:akabane1234:20170528213522j:plain

 

つづく

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると、大変励みになります。
どうか、下のバナーをポチッと押して下さい。

よろしくお願いします!m(_ _)m